FC2ブログ

未来の小窓(13) 半分負ける

未来の小窓(13)
 高校生が将棋の日本一を目指して戦う「高校竜王戦」。持ち時間は30分だ。トーナメント戦だったころ、1日目は1回戦から準々決勝までで、2日目に準決勝、決勝が行われていた。その開会式の挨拶で、日本将棋連盟会長(当時)が「君たちのうち、半分は1時間後に負ける。2時間後には4分の1になっている」と切り出した。会場は水を打ったようになったが、会長は「勝ち上がったものもプロ棋士からすれば、はるかに弱い」と続け、「大切なのは負けたあとの精進だ」と説いた。
 高校生棋士の藤井聡太棋聖が20日、王位戦のタイトルも手にした。二冠となり、七段から八段に昇段した。
 プロ棋士はアマの棋戦には出場できないので、高校生の将棋日本一を決めるという高校竜王戦はうたい文句は厳密にいえば、うそになる。「高校生にもなってアマの大会に出場するようでは、プロにはなれない」と聞いたことがある。それだけ、プロの世界は厳しいのだろう。
 藤井二冠の活躍に目が奪われがちだが、プロになってもなかなか勝てずに、昇段できない棋士は少なくない。将棋だけでなく、人生は負けることの方が多いのは間違いない。「負けたあとの精進」の大切さを考える。(時)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

すこやか母子未来ネットワーク事務局

Author:すこやか母子未来ネットワーク事務局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR