FC2ブログ

未来の小窓(26) 七つ子祝い

 「七つ子祝い」は室町時代に始まった。曹洞宗宝林寺の千葉公慈住職が監修した「眠れなくなるほど面白い 日本のしきたり」で知った。当時は、医学が発達しておらず、乳幼児が流行病で亡くなることは日常だった。このため、7歳までの子どもは神の子とされ、なにをしてもバチが当たらないとされ、7歳を迎え、氏神さまにお参りをし、神の子から人の子となったという。
  奈良時代の歌集「万葉集」でも、山上憶良が子どもを「勝れる宝」と詠んだが、児童虐待は増加する一方だ。厚生労働省のまとめによると、全国の児童相談所が2019年度に対応した虐待件数は19万3780件(速報値)だった。前年度より3万3942件増で、過去最多を更新した。相次ぐ虐待死亡事件を受け、学校や警察、近隣住民からの相談や通告が増えたのが要因というが、何とも情けない数字と言えるだろう。育児放棄や母親の交際相手による暴力も目立つ。
 虐待事件が報じられるたびに、メディアやSNSで、保護者(多くは母親)に対し、非難の声が高まるが、罵倒したり、倫理観の欠如を指摘したりするだけでは解決はできない。通報を受けたら、容易に家庭に介入、保護者の逮捕や児童の身柄確保までできるような強い権限を付与するような法律改正も必要だろう。いわゆる「人権派」の弁護士はすぐに「権限の乱用」などと指弾するに違いないが、虐待件数をみると、現状は待ったなしの状況ではないのか。反発する保護者もいるかもしれないないが、保護者の子ではなく、神の子と思えば良いだろう。(時)
スポンサーサイト



未来の小窓(25) 人見知り

 見知らぬ人に抱かれると、ひどく泣き出す赤ちゃんがいる。人見知りは、健全な成長過程のひとつらしい。人の顔を判別する能力が育った証で、賢い赤ちゃんと言われることもある。個人差があり、生後3か月ごろに始まり、2歳くらいまでには落ち着くそうだ。
 親や大人との信頼関係を結ぶことで、子どもたちは共感能力を養っていくが、今回のコロナ禍で、教育現場にも影を落としている。保育園や幼稚園では、笑顔が減って、反応が少なくなった園児が増えていると聞いた。保育士らが感染予防対策でマスクを付けていると、大人が笑っているか、怒っているのか、目の部分だけでは園児は理解できない。口元が見えない状況が続けば、子どもたちは表情を読み取る能力が低くなって、喜びや恐怖といった感情への反応も少なくなる懸念もあるという。
 ここ数日、新聞やテレビは感染者の増加を伝えている。1日当たりの最多を更新する道府県もある。「わが子が感染しないか」。必要以上に神経質になっている保護者もいるかもしれない。「保育士がマスクをとってお子さんと接している場面を目にするかもしれないが、ご理解いただきたい」と、わざわざ説明している園もあるそうだ。
 「マスク着用時は、普段以上に目元の表情を使うべき」と識者はアドバイスしているようだが、マスクをどうするか、をはじめ、コロナをめぐる現場の苦労は当分続きそうだ。(時)

未来の小窓(24)米大統領選

 米国大統領選は歴史に残る接戦となった。日本の新聞もテレビもここ数日、大統領選挙一色になった感がある。開票が始まるやいなや、テレビが「当選確実」を報じる国からみると、米国の開票は何とももどかしいが、連日の報道を見ていて、投票用紙が薄い小冊子になっているのに気づいた。手のひらサイズで、投票箱のなかで自然に開くという投票用紙しか知らない身には違和感が拭えない。
 米国の投開票は複数の地方当局が地域の事情に合わせて行うため、同じ州でも用紙が異なる。連邦上院選などを行う州もあり、各種の選挙がまとめられている。もちろん、投票用紙の最初の項目は大統領選で、正副大統領選の候補者のチェック欄に印を付ける。トランプ、バイデンの両氏のマッチレースのように見えるが、実際には他の党の候補者も多数、立候補しており、勢い投票用紙のページ数も増えるという。
 日本がチェック欄に印ではなく、候補者名を書くのは、江戸時代から受け継がれてきた識字率の高さが背景にあるだろう。武家の子弟は藩校、庶民の子は寺子屋で学び、身分や性別にかかわらず通える私塾もあった。諸法度やお触書、証文などを理解できるように、基礎教育として「読み書き算盤」を学んだ。
 21世紀の今も、世界では読み書きができない人が7億5000万人(2017年時点)にのぼるという資料もある。大統領選は中傷合戦が目立った。政策面では、コロナ対策や経済が焦点だったが、一番の基本は教育だろう。すべての子どもたちが教育を受ける機会を平等に与え、読み書きのできる人を増やし、社会を見渡せる目を養うことが、最終的に経済の発展につながるのではないか。今回の混乱は、経済優先で、民主教育を疎かにしてきた結果かもしれない(時)
プロフィール

すこやか母子未来ネットワーク事務局

Author:すこやか母子未来ネットワーク事務局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR