FC2ブログ

未来の小窓(69) 白い彼岸花

  水田の畔に彼岸花を見かけるようになった。色づく稲穂とともに、秋の代表的な光景だろう。彼岸花はヒガンバナ科の多年草。中国大陸原産で、曼珠沙華とも呼ばれる。釈迦が法華経を説いた際に、天から降ったお祝いの花(四華)の一つらしいが、葬式花、死人花といった縁起の悪い別称も付けられている。
  燃え盛る炎のような花にまじり、時折、白い彼岸花を目にすることがある。赤色の彼岸花と黄色の鍾馗水仙(しょうきずいせん)の自然交雑種で、遺伝子の異常らしい。詳しくは分からないが、どうやら細胞分裂でDNAが複製される過程で、花びらの色素がうまく形成されずないまま、コピーされたものらしい。
  花の色と違って、新型コロナウイルスの変異は何とも厄介だ。猛威をふるっているデルタ株の感染力は、「従来型コロナ」や「風邪」の約2倍、感染力の強い「水ぼうそう」にほぼ近いといわれる。新型コロナは2週間に1回のペースで変異しているといわれるだけに、より感染性が増したり、免疫やワクチンの効果を低下させたりするようなことがあれば、深刻な問題となる。
  頼みの綱となっているワクチンは、国民の半数が2回目の接種を終えた。感染者数の減少傾向も続いている。通常はワクチン接種者が増えることで、感染経路が断たれ、成人の7割程度の接種で集団免疫を達成できるが、接種者からも感染が起きるようなら、ほぼ全員の接種が必要になるかもしれない。ほぼ国民全体に接種を進められれば、コロナの被害は限定され、危機脱出の可能性も生まれる。
  白い彼岸花の花言葉は「また会う日を楽しみに」。オンラインではなく、実際に会えて、歓談できる日が近いことを祈るばかりだ。(時)

スポンサーサイト



未来の小窓(68) 血液型

   ひところに比べ、血液型による性格診断を口にする人が少なくなった気がする。一般的には、安定志向、几帳面のA型、おおらかで、大雑把のO型、好奇心旺盛のお気楽者のB型、マイペースで、二重人格のAB型あたりだろうか。相性チェックでやたらと盛りあがっていた女性グループや選手起用の際、血液型を考慮していたことが分かり、批判されていたプロ野球の監督がいたのを思い出す。
  日本人で最も多いのはA型の約40%だが、世界的にみると、O型が多い国が一番多いそうだ。インターネットで検索すると、日本と同様にA型が多いのは、フランス、ドイツ、ハンガリーなど。B型が最も多いのはインドで、O型が多いのは、アメリカ、ケニア、オーストラリア、スコットランドなどという。国名を並べていくと、A型が多い国だから、几帳面に仕事に取り組む日本の国民性が生まれたというのはどう考えたら良いのだろう。もっとも、血液型の性格分類が盛んなのは、日本とその影響を受けた韓国だけらしいが。
  学問的には血液型と性格との関連は認められていないというのが定説になっているようだが、慶応大などの研究班がこのほど、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクと血液型の関係を発表している。調査対象は、全国100以上の医療機関の患者3400人以上。重症化リスクはO型が最も低く、A型とB型はその約1・2倍、AB型は約1・6倍だった。理由ははっきりしていないらしい。
  これまでの医学研究でも、胃潰瘍によるピロリ菌の感染しやすさはO型のみ25%ほど高く、心筋梗塞はO型よりA型やB型に多いなどの報告がある。AB型の人は心のうちを上手く人に伝えることが苦手で、免疫低下の一因となるストレスを貯めやすいとされるが、本当に血液型によって重症化リスクが違うのだろうか。ともあれ、新型コロナウイルスの感染収束のきざしは見えない今、血液型に関係なく、マスク、うがい、手洗いを心がけることが大切ということだけは間違いないだろう。(時)

未来の小窓(67) 休園急増

 新型コロナウイルスの感染拡大で、保育園や幼稚園の休園が相次いでいるという。共働きの家庭にとって、保育施設は頼みの綱だろう。登園すれば、子供が感染するかもしれないという不安を抱えながらも、適当な預け先も見つからず、やむなく送り出している家庭も多かろう。
  いくら手洗いや換気などを徹底しても、大声を出して動き回る園児に、マスクを付けさせ、静かにさせるのは難しい。ましてや変異ウイルス「デルタ株」は、より感染力を増しているというから、その苦労もひとしおだろう。
  「園児が感染しましたので、明日は休園です」。前夜、園からと連絡を受けても、「急に仕事を休めない」「ほかに預け先がない」と戸惑うばかりの保護者の悩みはよく分かる。休園までにはならなくても登園の自粛を要請されるケースも少なくないようだ。
 社会生活を維持していくうえで、保育園の利用を抑えることは感染防止になるだろうが、専門家が「企業に休業補償を充実させ るとともに、臨時的に休暇制度を創設するなど、保護者が休みやすい環境を作るように、国は促すべきだ」と指摘するように、とかく預ける方ばかりに目を向けがちだ。園児たちの世話を続ける保育士にどこまで考えているのだろうか。昨春、小中高校が休校になった時も、保育施設は休園にならなかったではないか。保護者が働く間、子どもが1人で留守番できない家庭のことを考慮したためだろうが、エッセンシャルワーカーの保育士に、ふさわしい待遇が与えられているとは思えない。
 福岡県中間市の私立保育園に通っていた男児が7月、送迎バス内に取り残されて死亡した事件は、一人で送迎バスを運転していた園長がチェックを怠ったことが一因だった。保育現場は慢性的な人手不足になっていると聞く。問題の園でも保育士の人数が多ければ、痛ましい事件は防げたかもしれない。政治やメディアは二言目には医療態勢の充実というが、コロナ禍の最前線にいる保育士にも関心を持ってほしい。(時)

未来の小窓(66) 私権の制限

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く。10歳代の新規感染者も増えている。感染症医が足りず、専門外の医師らがやむなく治療に当たっている医療機関も少なくないと聞く。そんななか、8月24日付の読売新聞の1面の記事が目を引いた。感染症の流行に対応できる医師を増やすため、政府が大学の医学部の入学定員に感染症科や救急科の優先枠を創設する方針を決めたという。厚生労働省の有識者会議で案を示し、了承されれば、2023年度入学者から適用するそうだ。
 医学部を持つ大学は、文部科学省の管轄外となっている防衛医科大学校を加えると、全国で82校ある。定員は、医師が少ない地域に配慮した「地域枠」の888人、歯学部の定員を医学部に振り替えた「歯学部振り分け枠」の44人を含めると、9000人を超える。
  記事によると、政府の方針では、歯学部振り替え枠を廃止し、地域枠内に、感染症科、コロナ拡大で不足が顕在化した救急科、地域で幅広く病気をみる総合診療科も優先枠とするそうだが、優先枠で入学した学生が他の診療科を希望した場合、どうなるのだろうか。政府の自粛要請に応じず、深夜まで酒類の提供をする店を擁護し、路上飲みする若者らを批判せず、「感染拡大は菅政権の失政」と声高に言う人たちは、「優先枠で医師になっても、どこの科に行くのは自由。個人の進路を国が縛るのは人権侵害ではないか」とでも主張するかもしれない。
 どこまで本当かどうかは分からないが、医師一人を育てるのには、1億円以上の国の金が投入されているそうだ。しかしながら、名門医学部を卒業後、医師にならずに、外資系企業に就職する人がいる。地域枠の医師は原則、卒業後9年以上、指定された都道府県内の医療機関での勤務が義務付けられているが、在学中に受け取った奨学金などを大きな医療法人が肩代わりして返済し、自らの法人の勤務医として迎え入れる事例も耳にする。人権が大切なのは言うまでもないが、「感染の拡大状況は災害並み」というのなら、どこまで私権制限が可能なのかを考えざるを得ない時代になったのではないか。(時)

未来の小窓(65) 記録的豪雨

 日本語には雨を表現する言葉が400個以上もあるそうだ。春に細かく降れば、小糠雨だが、秋に降ると、霧雨になる。白い雨脚の夏の夕立が白雨。音もなく蕭々と降る冬の冷たい雨が凍雨。季節ごとに、雨のわずかな違いをしっかりと感じながら、暮らしてきたことがうかがえる。
 梅雨末期を思わせるような長雨がようやくやんだ。72時間雨量が観測史上最大となっている地域も多い。新聞やテレビではしきりに「これまで経験したことのないような大雨」「数十年に一度の豪雨」と繰り返していたが、インターネットなどでは「毎年のように起きている」という疑問や、「行政の防災対策が追い付いていない」といった声も目立つ。背景に地球温暖化があるとされ、土砂災害や河川の氾濫も相次いでいる。理由はどうであれ、今までの常識では対応できない豪雨が増えていることだけは間違いないだろう。
 いろいろな気象用語のなかでも、近年、耳にするようになったのが線状降水帯だ。次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなして、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過、停滞することで作り出される。長さは50ー300キロメートル程度、幅20―50キロメートル程度になるそうだ。災害関連死を含め、計77人が犠牲になった広島豪雨(2014年8月)のころから頻繁に使われ出したという。
 温暖化に伴い、日本の平均気温も100年当たり1・24度のペースで上昇し続けている。気温が1度上がると、大気中の水蒸気量は7%増え、積乱雲が発達しやすくなるという。おなじみの入道雲は、雄大積雲とか積乱雲と呼ぶのが正式名称らしいが、夏空にむくむくと広がる入道雲を見て、線上降水帯の心配をしなければならない時代になったのかもしれない。雨の持つ情緒が失われようとしている。(時)
プロフィール

すこやか母子未来ネットワーク事務局

Author:すこやか母子未来ネットワーク事務局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR